福岡でおすすめのオーダースーツ専門店16選!口コミで評判の専門店を厳選比較しました。人気のスタイルや生地もご紹介します!

オーダースーツを長持ちさせるには?今すぐできるクローゼットのカビ対策!

公開日:2022/02/15


せっかくオーダースーツを作ったのなら、長く着続けたいものですよね。オーダースーツを長持ちさせるには、クローゼットのカビ対策をすることが重要です。カビを防ぐポイントは「湿気」と「汚れ」を取り除くことです。この記事ではカビを防いでオーダースーツを長持ちさせる方法について解説します。

クローゼットにカビが生えてしまう原因とは

クローゼットにカビが生えてしまう原因は何でしょうか?

ひとつの目の原因は「湿気」です。カビは一定以上湿度が高いところで繁殖します。じめじめした梅雨の時期はもちろんのこと、外との温度差で結露ができやすい冬場にもカビが生えることがあります。とくにクローゼットの中は、閉め切られて空気の循環が少ないので、湿気がたまりやすくなっています。また雨や汗で湿ったスーツを、そのままクローゼットにしまう行為もカビの原因になります。

もう一つの原因は、ほこりや食べ物カスなどの「汚れ」です。スーツについたほこりや食べ物カス、皮脂の汚れはカビの養分になってしまいます。汚れたままのスーツをそのままクローゼットにしまったり、クローゼットの掃除を怠ってしまったりすると、カビが増殖する原因になります。カビにとって快適な「湿気」と栄養分となる「汚れ」がそろうと、どんどんカビが増えていってクローゼットの中のスーツをダメにしてしまうというわけです。

すぐできるクローゼットのカビ対策

スーツにカビが生える原因は「湿気」と「汚れ」だと説明しました。では具体的にどんな対策をすればよいのでしょうか。

カビに対してはクローゼットとスーツの両方の対策をすることが大切です。要はクローゼットの中の湿気を取り除き、清潔をたもてばよいのです。ここでは、すぐにできるクローゼットのカビ対策を紹介していきます。

クローゼットの換気をする

湿気対策のひとつはクローゼットの中の換気です。閉め切られたクローゼット内の空気は湿気がこもりがちになります。空気がこもると湿度が上がり、カビが発生しやすくなります。まめにクローゼットの扉を開け放って空気を循環させ、湿気を取り除くことが効果的です。その際に、部屋の窓やドアを開けて新鮮な空気が入りやすくすることもポイントです。換気したあとは除湿剤を置いておくのがよいでしょう。

ほこりやごみを掃除する

スーツに付着したほこりやごみを取り除くことがカビ対策になります。カビはほこりや油脂汚れを栄養にして繁殖するからです。スーツをしまう前にブラッシングして、ほこりや食べ物カスを取り除きます。すぐに落ちない汚れがついてしまった場合は、そのままクローゼットに入れずに、クリーニングしてからしまうのがよいでしょう。

食器用の中性洗剤を含ませた綿棒などで叩いて布の反対側のタオルに移し取る方法もありますが、できればクリーニング店に出すのが望ましいです。余談ですが、クリーニング屋に出したときにもらえるビニールの袋は、クローゼットにしまう際には必ず外しましょう。ビニール袋はあくまでほこりよけであり、袋のまましまうと湿気がたまりやすく、かえってカビの原因になるからです。どうしてもほこりを防ぎたいのなら、不織布などの通気性のよい素材の袋を使うのがよいでしょう。

そしてクローゼットの中も清潔にすることが大事です。クローゼットは閉め切られていて、ほこりや服から落ちたゴミがたまりがちになります。せっかくスーツをきれいにしてからしまっていても、クローゼットが汚かったら本末転倒です。換気のついでにクローゼットの中も定期的に掃除しましょう。

スーツの湿気をとってからしまう

スーツはよく乾かして湿気をとってからクローゼットにしまいます。湿気を含んだスーツはカビが生える原因になります。いくらクローゼットを換気してもスーツが湿っていたら台無しです。スーツを脱いだら一旦乾燥させてからしまうようにしましょう。

スーツとスーツの間に空間を作る

スーツをかける際に、ぎゅうぎゅう詰めにしないで、服の間に空間ができる様にかけることも大切です。空間があることで通り道ができ、空気が循環することで湿気を防ぐことができます。空気の通り道がなくぎゅうぎゅうに服が詰まっていると、湿気が閉じ込められカビが発生しやすくなってしまいます。

カビ対策をして衣類を守ろう

スーツを守るためのカビ対策を紹介してきましたが、まとめると以下の通りです。

・クローゼットの扉を開けて換気をする
・スーツはブラシをかけてごみを取り除いてからしまう
・クローゼットの中の掃除をする
・スーツはしまう前に乾かして湿気を取る
・スーツとスーツの間に空間ができるようにかける

いずれも少しの手間でできることばかりなので、ぜひやってみてください。とくにスーツを長期間クローゼットに入れておく場合は、カビが生えやすくなります。いざという時にカビが生えて困ってしまわないように対策しておきましょう。

 

いかがだったでしょうか。スーツを長持ちさせるのに大切なのはクローゼットのカビ対策です。湿気を防ぎ、スーツを清潔にたもっていればカビが生えにくい状況を作ることができます。オーダースーツは安い買い物ではないですが、きちんと管理すれば長く着られるものです。しっかり対策して、スーツのカビを防ぎましょう。

福岡のおすすめオーダースーツ専門店5選

商品画像
商品名オーダーボックスグローバルスタイルオーダースーツSADADANKAN
(ダンカン)
difference
(ディファレンス)
特徴70年の老舗ZAZAが手掛ける本当に格好いいスーツ!約5,000種類!豊富な生地から選ぶオーダースーツ全国55店舗!安心のアフター無料サービスが充実イタリア・イギリスから直接買い付けた高品質な生地を使用したオーダースーツ!「パーソナライズ」をコンセプトにした新しいオーダースーツブランド!
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧