福岡でおすすめのオーダースーツ専門店16選!口コミで評判の専門店を厳選比較しました。人気のスタイルや生地もご紹介します!

オーダースーツって作った方がいいの?

社会人になって、ほぼ毎日スーツを着るようになり、必然的にスーツの所持枚数も増えてきました。今まで既製品ばかりを買っていた私ですが、最近はオーダースーツに興味を持ち始めています。
というのも、会社の先輩がオーダースーツを作っていて、それがかっこよく思えました。

しかし、「オーダースーツ」と聞くとどうしても金額的に高いイメージがあり、なかなか手を出すのが難しい気がしてしまい…まずはオーダースーツについて調べることから始めてみました。
すると予想以上にお手頃なものが多い!これなら自分でも買えそうだという専門店を見つけることができました。

いろんな情報を見ていてどんどんオーダースーツを作りたい!と思うと同時に、本当にオーダースーツは良いものなのかが気になってしまいました。そこで私は、オーダースーツを作ったことがある人を対象に、アンケートを行うことにしました。

その結果、9割もの人が既製品のスーツよりもオーダースーツの方が良いと感じたことがあるということがわかりました。会社の先輩だけではなく、他の人たちもそう思っていることに、なんだか安心してしまいました。これでようやく、オーダースーツを作る決心がつきました!

こんな私のように、オーダースーツについて興味はあるけど、気になることもたくさんある…いう方は多いのではないでしょうか?たとえば、

・金額っていくらくらいなの?
・スーツの生地や色、形ってどうしたらいいの?
・どこのお店がいいの?

などなど。

そこで、今までオーダースーツについて調べてきた情報を、このサイトを通して、自分のように悩んでいる人たちの助けになればと思っています。

このサイトで紹介しているお店は、どこも口コミで評判のところを厳選したものばかりです。気になるところがあれば、公式サイトはもちろんのこと、インスタグラムなどのSNSをチェックしてみるのもおすすめです!

私が調べたこれらの情報が、皆様の疑問解決に繋がれば幸いです。ここで疑問を解決し、自分に似合う、自分だけのオーダースーツを作りましょう!

福岡のおすすめオーダースーツ専門店5選!

オーダーボックスの画像1
おすすめポイント:70年の老舗zazagroupが手掛ける本当に格好いいスーツ!

オーダーボックスは、福岡県内に18店舗を構える70年の老舗「zazagroup」が手掛けるオーダースーツブランドです。小さなオシャレを毎日にをコンセプトにプロの技術が詰まった格好いいシルエットや 生地にこだわった他社にはないワンオーダースーツを提供しています。

専門のスタイリストが的確なアドバイスをしてくれるので、初めてオーダースーツを作る人やスーツに詳しくない人も安心してオーダーができるでしょう。

オーダーボックスの強み

高品質のスーツをお手頃価格で提供!発注から最短で4週間ですぐ作りたい人にもおすすめ!

オーダーボックスの基本情報

所在地 【福岡サンセルコ店】
福岡県福岡市中央区渡辺通1-1-1 サンセルコ1F
アクセス 西鉄バス「渡辺通一丁目サンセルコ前」より徒歩1分
地下鉄七隈線「渡辺通駅」より徒歩3分
店舗数 福岡県内に18店舗


グローバルスタイルの画像1
おすすめポイント:約5,000種類!豊富な生地から選ぶオーダースーツ

グローバルスタイルは、随時オールシーズンの生地を取り揃えており、その数はなんと約5,000種類。創業90年の歴史ある老舗生地問屋ならではの仕入れネットワークにより、お得に豊富な生地を用意しています。

また、選べるスーツモデルは10型以上と業界最多。年代や好みに合わせて実績あるアパレルデザイナーとのコラボモデルを選択することができます。

グローバルスタイルの強み

約5,000種類の中から生地が選べる!スーツモデルは業界最多でこだわりの一着を作りたい人におすすめ!

グローバルスタイルの基本情報

所在地 【GINZA グローバルスタイル 福岡天神店】
〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名1-12-6 NEO大名1 1F 
アクセス 西鉄「福岡(天神)駅」より徒歩7分
店舗数 福岡県内に2店舗


オーダースーツSADAの画像1
おすすめポイント:全国55店舗!安心のアフター無料サービスが充実

SADAはマシーンメイドのフルオーダーが特徴のブランドです。CADやCAMをフル活用する事により、どんな体型の人にもフィットするスーツをリーズナブルに提供しています。

また、SADAでは大きい方の割増料金なし、1ヶ月以上のお直し無料、ウエストのお直しはずっと無料、裏地やボタンも無料で選べるなど無料のサービスが充実していることも魅力です。

オーダースーツSADAの強み

フルオーダーで既製スーツでは味わえないフィット感!大きいサイズの方にもおすすめ!

オーダースーツSADAの基本情報

所在地 【福岡天神店】
〒810-0004 福岡市中央区渡辺通4-9-18 福酒ビル3F
アクセス JR小倉駅から徒歩1~2分
店舗数 福岡県内に3店舗


DANKANの画像1
おすすめポイント:イタリア・イギリスから直接買い付けた高品質な生地を使用したオーダースーツ!

DANKAN(ダンカン)は着心地抜群の高品質な生地を、イタリアやイギリスから直接買い付け、丁寧に採寸しお客様1人1人に合わせた着心地バツグンのスーツを提供しています。

完璧な一着を目指し、長く気持ちよく使ってもらうために3ヶ月以内の調整期間や1年間の保証といったアフターサービスを提供し、柔軟に対応しているのも魅力です。

DANKAN(ダンカン)の強み

高品質な生地をイタリア・イギリスから直接買い付け!とにかく着心地の良さを求める方におすすめ!

DANKAN(ダンカン)の基本情報

所在地 【博多駅前店】
〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3丁目30-26 中央博多駅前ビル1F
アクセス 博多駅より徒歩7分
店舗数 福岡県内に6店舗


differenceの画像1
おすすめポイント:「パーソナライズ」をコンセプトにした新しいオーダースーツブランド!

difference(ディファレンス)は「パーソナライズ」をコンセプトにした新しいオーダースーツブランドです。スマホアプリを最大限活用し、採寸データや前回注文時のデータを個人で管理でき、そのデータをもとにスマホからオーダーも可能となっています。

また、システムと職人の技を融合させることにより、2週間という最短の納期で仕立てることも可能にし、品質を落とさず短納期でスーツを提供しています。

difference(ディファレンス)の強み

スマホアプリを操作してカスタマイズ&オーダーまで可能!とにかく短期納品を求める方におすすめ!

difference(ディファレンス)の基本情報

所在地 【天神地下街店】
〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神2-B1-046
アクセス 西鉄「福岡(天神)駅」より徒歩1分
店舗数 福岡県内に4店舗


その他福岡のオーダースーツ専門店一覧紹介

FABRIC TOKYO(福岡天神ソラリアプラザ店)

FABRIC TOKYOは生産と販売をテクノロジーで補うことで、低価格でのオーダーメイドスーツを実現しました。ショップで身体のサイズを測定し、測定したデータをクラウドに保存することで、ネットからいつでもスーツを注文することができる仕組みになっています。注文は工場に即時連絡されるため、品質のよいオーダーメイドスーツがスピーディーに届くのが魅力です。

基本情報
価格帯 3万9,800円~
納期 約4~7週間
営業時間 10:00~20:00
電話番号 070-1324-6408
住所 福岡県福岡市中央区天神2丁目2-43 ソラリアプラザ B1F
KASHIYAMA(天神店)

KASHIYAMAは創業90年以上の老舗のスーツメーカーでありながら、IT化を進めるなど時代に合わせたオーダーメイドスーツづくりを展開しています。自社工場を持っており、工場での中間工程を大幅にカットすることで、約3万円~という低価格と、最短1週間というスピーディーな納期を実現しました。出張採寸も行っているので、自宅はもちろん、会社で同僚と一緒にオーダーするという利用方法も可能です。

基本情報
価格帯 2万9,700円(税込)~
納期 最短7日
営業時間 10:30~19:30
電話番号 092-712-2290
住所 福岡県福岡市中央区今泉2丁目5-21 オンワード福岡ビル 1F/2F
ONLY(博多マルイ店)

ONLYはシンプルでリーズナブルなスーツから、細かいディティールを指定できるこだわりのスーツまで、さまざまなオーダーメイドスーツを提供しています。数あるスーツメーカーの中でも品質へのこだわりが強く、着心地がよいのが魅力です。熟練の職人が仕立ててくれる本格仕様の「テーラーメイド」のほか、採寸と生地選びのみでオーダーできる「ミニマルオーダー」という2種類のオーダーシステムがあります。

基本情報
価格帯 3万800円(税込)~
納期 「テーラーメイド」約2週間
「ミニマルオーダー」約6週間
営業時間 10:00~21:00
電話番号 092-577-1745
住所 福岡県福岡市博多区博多駅中央街9-1 博多マルイ5F
麻布テーラー(SQUARE福岡店)

麻布テーラーでは、国内メーカーはもちろん、ヨーロッパを中心としたインポートまで、季節ごとに3,000種類以上の生地を取り揃えています。予算や好みを伝えることで、経験豊富なスタッフが最適な生地を提案してくれるので安心です。納期は約6週間。工業生産化されたオーダーメイドの工場としては日本屈指ともいわれる自社工場にて、一着一着丁寧に仕立ててくれます。

基本情報
価格帯 4万4,000円(税込)~
納期 約6週間
営業時間 12:00~20:00(土日祝11:00〜20:00)
電話番号 092-721-1148
住所 福岡県福岡市中央区大名1-1-38 サウスサイドテラス1F
TANGOYA(福岡ファッションビル店)

TANGOYAは、九州を中心に5店舗を展開しているオーダースーツ専門店です。全商品国内縫製にこだわっており、他社では有料オプションとなるような仕様も標準仕様で含まれているので、着心地がよく、見た目も美しいのが特徴です。90年以上の歴史の中で構築してきた仕入れノウハウを活かし、5,000種類以上の生地を用意。よくある小さな生地見本ではなく、着分生地を豊富に取り揃えているので、肩に掛けて選ぶことが可能です。

基本情報
価格帯 3万8,500円(税込)~
納期 約4~5週間
営業時間 10:00~19:00
電話番号 092-409-0140
住所 福岡県福岡市博多区博多駅前2丁目10-19 福岡ファッションビル
HANABISHI(福岡天神店)

HANABISHIは1935年創業。完全国内縫製にこだわり、仕入れから販売まで一貫して行うオーダースーツ専門店です。1950年に日本で初めてオーダースーツの工業システムを開発。職人の技と工場生産を組み合わせることで、一部の人だけが楽しめるものだったオーダースーツをより多くの人に届けることに成功しました。有名ブランドのインポート生地から、伸縮性・撥水性などを重視した高機能生地、そして自社オリジナル生地まで、多彩なバリエーションを取り揃えています。

基本情報
価格帯 4万6,200円(税込)〜
納期 約3~4週間
営業時間 11:00~19:30
電話番号 092-707-1882
住所 福岡県福岡市中央区天神2-13-18 天神ホワイトビル 1F
ファイブワン(福岡店)

ファイブワンは、オーダースーツのファクトリーブランドです。これまでさまざまな一流ブランドに製品を提供してきたからこそ、デザインや品質への妥協は一切なし。また、不要な中間コストがかからないため、適正価格での提供を実現しています。採寸には特にこだわっており、すべての商品をハンドメイドで仕立てています。品質管理も一流ブランド基準で、10年以上型崩れしない美しいシルエットが魅力です。

基本情報
価格帯 店頭問合せ
納期 約35日
営業時間 11:00~20:00(日曜は18:00まで)
電話番号 092-406-3235
住所 福岡県福岡市中央区大名1-12-5 アペゼビル1F
Vita Design

Vita Designは、既製品では提案に限界があると感じたオーナーが、より細かいニーズに応えるべくオープンしたオーダーメイド衣料品専門店です。トレンドの傾向を踏まえ、長く着用できるスーツを提案してくれるのが特徴。オーダーメイドという特別な時間を堪能できるよう、店舗にはBARが併設されています。他店ではオプションになるような仕様も標準仕様としているので、安心してカスタマイズを楽しむことができます。

基本情報
価格帯 6万6,000円(税込)~
納期 約40日(仮縫い付きの場合は約60日)
営業時間 平日12:00〜20:00 /土日11:00〜20:00
電話番号 092-409-3566
住所 福岡県福岡市博多区博多駅南4-19-5 1F
アンクロスト

アンクロストでは、細かな体型の補正や、通常では難しいようなデザインにも幅広く対応できるイージーオーダーのシステムを採用。さまざまなモデルを用意しており、そこに好みのアレンジを加えることで、個性を引き立てる理想のスーツをつくることができます。縫製に関しては優秀な縫製工場として三ツ星認定されている工房と契約しており、着心地がよく見た目の美しいスーツを仕立ててくれます。

基本情報
価格帯 4万2,900円(税込)~
納期 約4週間
営業時間 11:00~19:00
電話番号 092-791-4977
住所 福岡県福岡市中央区薬院4-18-17 レイナビル 地下1F
テーラーグレイス

テーラーグレイスのコンセプトは、「着る人の雰囲気や魅力を最大限に引き出す最高のパートナー」となるようなスーツをつくること。クラシックスタイルをベースとしながらも、現代に合うよう設計しているので、流行り廃りなく長く着用できるのが特徴です。生地は王道ブランドから希少価値の高いヴィンテージまで幅広く用意。縫製は国内一流工場と提携していますが、高すぎる価格設定では存在意味がないと考え、手の届く価格を設定しています。

基本情報
価格帯 4万2,900円(税込)~
納期 約1か月前後
営業時間 11:00~21:00(予約が入っていない場合は19:00まで)
電話番号 092-707-3367
住所 福岡県福岡市中央区大名1-7-2
ベルグラヴィア&サンズ

ベルグラヴィア&サンズは、イギリス式のモダンクラシックをコンセプトに多種多様な提案をしてくれるオーダースーツ専門店です。生地もイギリス製のものを中心に取り揃えています。オーダーのタイプは、仕立て方によって価格帯が異なります。初めての方におすすめのスタンダードライン、重要な所のみ手縫いで仕立てるハンドグレードライン、フルオーダーかつハンドメイドで仕立てるビスポークの3通り。ビスポークに関しては永久保証付きです。

基本情報
価格帯 5万3,900円(税込)~
納期 約1~2か月
営業時間 10:00~19:00
電話番号 092-403-1256
住所 福岡県福岡市城南区樋井川3-17-10

それではまず、おすすめの専門店をお教えする前に、オーダースーツとはどういったものなのか、オーダースーツのメリットやデメリット、カラーや素材についてなどの細かい部分を見ていきましょう。そのうえで専門店の選び方についてもご紹介するのでぜひチェックしてみてください。

オーダースーツにも種類がある?オーダースーツについて知ろう


オーダースーツにも種類がある?オーダースーツについて知ろう
オーダースーツと聞くとなんとなく高級で手が出しにくいイメージを持っている人も多いかもしれません。では、オーダースーツとは一体どういったものなのか、そしてオーダースーツの種類についてもご紹介します。

オーダースーツとは

そもそもオーダースーツって何?と思う人のために、まずはオーダースーツとはどういうものなのかということについて触れていきましょう。現在多くのスーツ専門店や衣料品店にて、安くて種類も豊富な既製品のスーツが販売されています。

もちろんこれも立派なスーツですし、リーズナブルに手に入れられるスーツは多くの人が利用しているものでもあります。そんな既製品のスーツは、決まったサイズや色、生地、などで作られており、実際に自分の身体や希望にピッタリと合うものを見つけるのは難しいものでもあります。

そんなときに利用するのがオーダースーツです。オーダースーツは、サイズから生地などを豊富に選ぶことができ、自分の体型に沿ったスーツを作れるサービスです。体型に合ったスーツは着心地も良く、また見た目の印象もグッと良くなるのが特徴です。

オーダースーツの種類

そんなオーダースーツですが、実はオーダーの仕方によって様々な種類に分かれることをご存知でしょうか?ここでは、オーダースーツの種類ごとの特徴や金額についてご紹介します。

パターンオーダー

パターンオーダーは、既製品として発売されているシリーズのスーツを受注生産でオーダーできる方法です。サイズは既製品と似たような展開になりますが、オーダーのため多少補正をすることが可能です。

生地については決まっている中から好きなものを選ぶことができ、納期は1~3週間程度。金額は、3万円前後から用意されており、オーダースーツの種類の中では最も手軽で、オーダースーツをまず体験してみたいという人におすすめです。

イージーオーダー

続いてご紹介するのはイージーオーダーです。これは、パターンオーダーに比べてサイズの展開が豊富で、コンピューターを使用した詳細なサイズ変更が可能となっています。もちろん生地も決まっているものから選ぶことができ、納期は2~3週間前後となっています。価格は4万円前後となっており、ブランドによっても大きく変動する場合があります。

フルオーダー

フルオーダーというのは、その名の通り全て自由にオーダーできるスーツのことです。サイズは他のオーダー方法とは異なり、その人のサイズを直接採寸して図り、型紙制作から裁断、製法まで全て職人の手によって行われます。本当にこの世に一つしかない特別なスーツが出来上がるのです。

もちろん生地も好きなものを選ぶことができ、生地の持ち込みができる場合もあります。ただし、納期は1~2ヶ月前後と長めになり、値段は最低でも15万円程度、50万円近くになる専門店も少なくありません。

初めてならパターンオーダーかイージーオーダーがおすすめ

様々なオーダースーツがありますが、初めてオーダーをするのならやはり納期も短期間で既製品に近い価格で作れるパターンオーダーかイージーオーダーがおすすめです。既製品では見つからなかった自分に合うサイズや生地のスーツで、ちょっぴりいつもよりもかっこいい自分を演出してみてはいかがでしょうか。


・スーツのオーダーの種類は3つ
・価格やサイズ展開で種類が変わってくる
・初心者におすすめなのはパターンオーダーかイージーオーダー

既製スーツとオーダースーツでは何が違う?


既製スーツとオーダースーツでは何が違う?
そこまで大きな違いがないのなら既製のスーツでもいいのでは?と考える人もいるでしょう。そこで、既成のスーツとオーダースーツの違いを比べていき、それぞれのメリットやデメリットにも触れていきます。

既成スーツとオーダースーツの違い

まず既成スーツというのは、スーツのお店などに行けばすぐに買うことができるもので、メーカーの一定のサイズで大量に生産しているものです。ジャケット袖やパンツの裾などの長さに関しては購入する際に調整することができます。

また、生地やデザインなどについてもメーカーによって決められたものを採用しているので、購入する側は用意されたものの中から選ぶという方法で買うのが特徴です。

反対にオーダースーツは、オーダーの種類は様々ですが、自分のサイズに調整した体に合うスーツを作ってもらい購入する方法です。とくにイージーオーダーはメーカーではなく縫製工場の持つ型紙から身体にフィットするものを選べ、より体型に合ったスーツを購入することができるのです。もちろん好きな生地やディテールにまでこだわってオーダーができ、理想のスーツを手に入れられます。

既成スーツのメリット・デメリット

それではまず、既成スーツにどのようなメリットやデメリットがあるのかを見ていきましょう。

メリット

まず既成スーツはすぐに着られるというメリットがあります。例えばスーツが必要なときにお店に行ってその場で試着、購入ができますし、丈などの補正もそこまで時間がかかりません。また、実際に着ることで着たときのイメージをしやすいというのもメリットで、購買意欲にも繋がります。

また、既製品は規定のサイズやデザインのものを大量生産しているので、価格が抑えられるというのもメリットです。上下セットで1万円台など、かなり安く展開しているメーカーなどもあり、就職したての社会人などにも買いやすいのが魅力でしょう。

そして、既成スーツはメーカーのデザイナーが最も美しいシルエットとして作っている完成形であることもメリットです。ジャケットの形がこれならパンツはこの形が良いなど、デザインに拘って作られているものなので、その時の流行なども取り入れられており安心して着ることができます。

デメリット

既成スーツのデメリットとして1番に挙げられるのは、自由に選ぶことができないという点でしょう。規定のサイズ、デザイン、色柄の中から選ぶことは可能ですが、自分の理想とする組み合わせを見つけることができないことも珍しくありません。また、サイズが微妙に合わないことで窮屈に見えてしまったり逆に着られている感が出てしまったりと、かっこよく着こなせないこともあります。

また、全体的に価格を抑えているという点でオーダースーツに比べて生地や縫製などのクオリティがどうしても低くなってしまうことがあります。もちろん全てがそうというわけではないですが、とくに安いスーツの場合は安っぽさを感じさせてしまうことがあるでしょう。

そして、サイズの補正などをすると既製品としての完成度が下がってしまうというのもデメリットです。メリットの際にもご紹介したように、既成スーツはメーカーのデザイナーが最も美しいシルエットとして提供している完成形です。そのため、大幅に袖を短くしたりパンツの裾を短くすると、そのシルエットのバランスが崩れ、黄金比でなくなり美しい形から外れてしまうのです。

オーダースーツのメリット・デメリット

それでは続いてオーダースーツについてのメリットそしてデメリットについてご紹介していきます。

メリット

オーダースーツは、自分の身体にしっかりフィットするスーツを作ることができるというメリットがあります。パターンオーダーでは数ある型紙の中から自分の身体に最適なサイズの型紙を選んでオーダーすることができますし、フルオーダーの場合は採寸を行うのでもちろん自分にピッタリのスーツにできます。

また、好きなようにカスタマイズできるのもメリットです。例えば生地の種類や色、柄、またボタンなどを自由に選ぶことができ、自分の思い通りのものを実現することができます。既成スーツに対して「ここがこうならもっと良いのに」と感じたことがある人なら、カスタマイズの自由さはとても魅力的に感じるはずです。

そして、既成スーツに比べて生地や縫製が高クオリティになりやすいのがオーダースーツのメリットの一つ。とくにフルオーダーの場合は全て手作業で行うため、丁寧で高級感のある仕上がりになり、着ることで自信が湧いてくるという人もいます。

デメリット

オーダースーツには、既成スーツよりも価格が高くなりやすいというデメリットがあります。とくにカスタマイズをたくさんしたり生地にこだわったりすればするほど、どんどん価格は上がっていきます。そのため、予算があるのならある程度は妥協をしなければいけないところも出てくるでしょう。

また、カスタマイズの方法によってはデザイン的にイマイチの仕上がりになってしまうこともあります。出来上がってみたら思ったより派手になってしまった、シルエットが思い通りではなかったということもあるでしょう。そのため、カスタマイズをする場合はメーカーなどの人にアドバイスを貰ったり理想のスーツの写真を持っていったりすると良いでしょう。

オーダースーツで自分に合ったスーツを!

スーツには既成でもオーダーでもそれぞれ良いところも悪いところもありますが、やはりスーツをかっこよく着こなしたいのなら自分の身体にフィットしやすいオーダースーツがおすすめです。最近ではオーダースーツでもリーズナブルなものが増えているので、試しにオーダーしてみるというのも良いかもしれません。


・既成スーツはリーズナブルなどのメリットが
・オーダースーツは自分の身体にフィットしやすくカスタマイズもしやすい
・おすすめはオーダースーツ

スーツの色や生地はどんなものを選べばいい?


スーツの色や生地はどんなものを選べばいい?
いざオーダースーツを購入しようとした時、多くの人が色や生地選びに悩んでしまうでしょう。ここでは、そんなスーツの色や生地について細かくご紹介していきます。

ビジネススーツに合う色

まず、スーツをビジネスに使っている人も多いですが、ビジネススーツとして合う色にはどのような物があるのか見ていきましょう。

ネイビー

昔は「夜の色」と言われ、夜18時以降に着用されていたのがネイビーのスーツです。色味としては日本人の肌などに最も合うと言われており、ビジネススーツとしてベーシックとされている色でもあります。また、濃紺は信頼や尊敬、また忠誠などを表す色とも言われており、ビジネスの場で好んで着る人も多いようです。

また、若々しいイメージを与えるのもネイビーの特徴です。年齢よりも若く見られたい、そして真面目に見られたいという場合はベーシックなネイビーを選ぶのがおすすめです。

グレー

グレーは落ち着いたイメージを与える色で、昼の色とも呼ばれており紳士が日中に着るスーツです。グレーにも様々な種類がありますが、種類によって様々なイメージを与えられるのもグレーならでは。

まず、濃いめのグレーは日本人の肌色に合い、ビジネスシーンでも活躍します。そして明るいグレーはカジュアル感が増し、若々しいイメージを与えるのでビジネスシーンだけではなくパーティーシーンなどにもぴったりです。

ブラック

ブラックのスーツはリクルートスーツの主流でもあるため、フォーマルなイメージが強い色です。しかし、ブラックの種類や着こなし方によってはクールなイメージやモダンなイメージを与えることができます。また、モード系の着こなしをすることによって、オシャレでカジュアルな雰囲気にもできるため、意外とどんな場面でも活躍してくれます。

また、ストイックさというイメージを持つ人も多いため、ビジネスシーンにおいても堅実で信頼性の高い色となるでしょう。

ブラウン

渋く落ち着いたイメージのブラウンは、大人の男性にピッタリの色です。シックで洗練された都会的なイメージを与えやすい色でもあり、アパレル系や広告業界などクリエイティブな世界の仕事をする人に好まれることが多いでしょう。また、重厚感があり安定感もある色なので、どっしりとしたイメージを与えたいシーンにも活躍してくれる色だと言えます。

スーツ生地を選ぶポイント

色に続いて、生地を選ぶ際のポイントについてもご紹介していきます。

スーツによく使われる素材

まず、スーツによく使われる素材とその特徴について説明していきます。夏場は涼しく、そして冬場は暖かく1年を通して着られるのが、ウールです。ウールは深みのある色が出しやすいという特徴もあります。

次に、ポリエステルもよく使われる素材の一つ。耐久性がたかくシワができにくい上に、リーズナブルなので毎日スーツで動き回るという人にもぴったりです。そして、上品な印象やしっとりとした肌触り、そして光沢がありパーティーなどにぴったりなのがシルク素材になります。

カジュアルなイメージを与えやすく、オンとオフで兼用ができ本場イタリアでも人気の素材とされているのがコットンです。他にも夏場のスーツとしてモヘアやリネン、冬場のスーツの生地としてカシミヤなどがあります。

原産国もチェックしよう

スーツに使われる生地は、原産国によっても肌触りや印象が変わります。イメージにこだわるのなら、必ず原産国もチェックしましょう。

まず、スーツの本場であるイタリアの生地は、柔らかな手触り、そして上品な光沢があるのが特徴です。また、色使いも鮮やかでデザイン性が高いことも大きな魅力と言えるでしょう。

そして紳士のイメージが強いイギリスの生地は、厚みがあって耐久性が高いというのが特徴です。デザインとしては落ち着いたイメージのものが多く、保守的な物が目立つのでフォーマルな場でも使いやすいでしょう。

日本が原産国のスーツは、耐久性が高い上になめらかで着やすいという特徴があります。また、日本の気候や風土に合わせた作りとなっているので、機能性の高い素材が豊富で1年を通じて快適に着られるものが多いでしょう。

着る場面や与えたい印象などによって生地の選び方は変わるので、自分に合うもの、シーンに合うものを上手に選んで活用しましょう。


・色によって与えるイメージや使いやすいシーンが変わる
・原産国によって特徴が異なる
・様々な色や生地をチェックして合うものを探そう

手縫いと機械縫いによる違い


手縫いと機械縫いによる違い
高級なスーツブランドやフルオーダースーツでは、機械縫いではなく手縫いで仕立てられることが珍しくありません。では、機械で縫うスーツと手縫いのスーツにはどのような違いがあるのでしょうか?

そもそも手縫いというのは、全てを手で縫うというわけではなく一部はミシンを使いほとんどの作業を職人の1人が担当するということです。一方で機械縫いというのは発達した縫製機械を利用して、それぞれの作業を分担し複数人で行うことを言います。もちろん全てを機械に任せるのではなく、作業をするのは人間、その際にミシンを使うということになります。

そんな手縫いと機械縫いですが、大きく異なる点として「着心地」「耐久性」「見た目」「価格」「納期」の5つが挙げられます。まず着心地に関しては、機械縫いに比べて手縫いの方が縫い目が詰まっていないため、動きに柔軟で着心地がいいのが特徴です。

次に耐久性ですが、こちらに関しても実は手縫いの方が高い耐久性を持つとされています。縫い目がキツくないため生地が傷みにくいという点や、ほつれやすい部分の補強がしやすい点、また芯地の耐久性自体が高いということが挙げられます。

続いて見た目ですが、これは好みにもよりますがフラワーホール部分や胸ポケットの縫い方などが若干ではありますが異なり、この違いを重視する人も多いのです。どちらがいいというわけではなく好みに合わせて選ぶのがいいということです。

そして価格はもちろん手縫いの方が高くなり、納期は機械縫いの方が圧倒的に早いです。手縫いは職人が一つ一つ丁寧に仕上げるため、時間や手間がかかる分価格も高くなるのは当たり前です。その分こだわりの詰まった一着ができるということでもあるので、手縫いが高いから良くないということではなく、高いからこその価値があると考えるべきでしょう。


・手縫い=全てを手で塗っているわけではない
・手縫いと機械縫いには着心地や価格などの様々な違いがある
・好みに合わせて手縫いと機会縫いを選ぼう

オーダースーツってどうやって作る?流れをご紹介


オーダースーツってどうやって作る?流れをご紹介
実際にオーダースーツを購入する場合、依頼から仕上がりまでどういった流れで進んでいくのでしょうか。オーダースーツができるまでの過程についてご紹介していきます。

オーダースーツ作成の流れ

カウンセリング

まずオーダースーツを作成する場合は、細かなカウンセリングからスタートします。この際に、どういった場面でそのスーツを着用するのか、どんなイメージにしたいのか、どの季節に着たいのかなどを明確にしていくことで、よりお店やテーラーに伝わりますし理想のスーツを再現することができるはずです。

予算なども明確にしておくと、その範囲でおすすめを提案してくれたりアドバイスしてくれたりするので、決めている部分は全て伝えましょう。

生地選び

カウンセリング後は生地選びをします。スーツのイメージを決定づける部分でもあるので、慎重に選びましょう。生地は通常、一部分を裁断したサンプルなどを見て決めますが、サンプルだけではイメージが掴めない場合はテーラーにアドバイスを貰いましょう。

デザイン選び

生地が決まったら、次はスーツ自体のデザインを選びます。デザイン選びは生地選びと並行して行われることも珍しくありません。スリムタイプなのか、クラシックなものなのかなど用途に合わせたもので体型に合うものをしっかりと選んでいきましょう。

採寸

ここまで決定したら、次は採寸を行います。理想とする形にできるかどうか、身体にフィットするスーツができるかどうかはここで決まります。理想のシルエットや着る際の要望などがあれば、この時点できちんと伝えておきましょう。

オプションなどを決める

スーツの大まかな部分が決まったら、ボタンや裏地などのオプションを選びます。スーツの色とマッチするかどうか、イメージに合っているものかどうかなどを考えながら、ピックアップしていきましょう。生地だけで見ているのと実際に仕上がった状態ではイメージが変わる場合もあるので、テーラーやスタッフにアドバイスをもらうことをおすすめします。

仕上がりの確認

ここまで完了したら、後は出来上がりを待つだけです。オーダー方法等によって期間は前後しますが、約2週間~1ヶ月程度で完成品がお店に到着します。そこで細部まで仕上がりの確認をして、問題がなければ受け取りとなります。

カウンセリングでイメージを伝えられるようにしよう

イメージ通りのスーツが出来上がるかどうかは、最初のカウンセリングが大きく関わってきます。この時点でうまくイメージを伝えられないと、思ったようなスーツに仕上がらない可能性が高くなってしまうので、できるだけ細かく伝えられるよう準備していきましょう。もし理想の形があるのなら、その写真などを持ち込むのもおすすめです。


・カウンセリングで詳細なイメージを伝えることが大切
・生地選びやオプション選びは慎重に
・仕上がったスーツはしっかりと細部まで確認しよう

何で決める?オーダースーツ専門展の選び方


何で決める?オーダースーツ専門展の選び方
それでは最後に、オーダースーツ専門店の選び方について見ていきましょう。大切なスーツを作ってくれるお店なので、しっかりと見極めることが大切です。

選べる生地の種類

せっかく理想のスーツを思い描いているのに、お店に置いてある生地の種類が少ないと、思い通りのスーツが作れない可能性があります。より多くの生地の種類や柄、ディティールなどの生地を用意している専門店を選べば、仕上がりの満足度が大きく変わるはずです。

スタッフの対応力

オーダースーツは専門店のスタッフと言わば二人三脚で作るものです。自分の希望に対してしっかりとスタッフが対応してくれるか、またより良くなるためのアドバイスをしてくれるかなど、スタッフの対応力も仕上がりに大きく影響してくるでしょう。

お客様の言ったことだけを聞いて全て取り入れるのは、一見良いスタッフにも見えますが、お客様の意見を全て取り入れたからといって必ずしも良いスーツができるとは限りません。そういった部分でしっかりとお客様のことを考えてくれるスタッフがいるお店を選びましょう。

アフターメンテナンスの内容

年代によっては短期間で体型が変化してしまうなども珍しくないため、無料でお直しをしてくれるなど、アフターメンテナンスを行っている専門店もおすすめです。スーツは普段着に比べて長く着るものでもあり、特にオーダースーツは決して安いものではありません。だからこそ、長く着られるようなサービスを展開しているお店の方が安心なのです。

予算に見合うか

オーダースーツを作る場合は、予算を決めて行く人がほとんどでしょう。そんな予算に見合うスーツができるお店かどうかというのは、早い段階で確認しておくべきポイントです。取り扱っているスーツの価格帯などを確認し、行ってみたら高くて注文できなかったということにならないようにしておきましょう。

HPやSNSも確認しよう

オーダースーツの専門店には、HPでしっかりと金額や出来上がりまでの期間などを記載していたり、SNSなどで情報発信していたりするお店もたくさんあります。とくに InstagramなどのSNSは、常に最新の情報などを発信していることも多いので、今の流行や売れ筋などをチェックするのに最適です。

お店によってはコーディネートの方法やお手入れの方法などもSNSで発信してくれている場合もあるので、こまめに見てみることをおすすめします。


・生地の種類やスタッフの対応力は大切なポイント
・アフターメンテナンスにも注目しよう
・SNSもチェックしてお得な情報なども入手してみて

まとめ


オーダースーツは敷居が高いと感じている人も多いかもしれません。しかし、今はSNSで情報を発信している専門店や、初心者でも手軽にオーダーできるシステムなどを取りいれた専門店もたくさんあります。

特別なスーツを1着持っているだけで安心ですし、着た時の気持ちにも大きく影響する場合があります。ぜひ自分に合う専門店を見つけて、自分だけの自分に似合うスーツを作ってみてはいかがでしょうか。
 

 

【福岡】おすすめオーダースーツ専門店の一覧表まとめ

イメージ
会社名オーダーボックスグローバルスタイルオーダースーツSADADANKAN
(ダンカン)
difference
(ディファレンス)
価格1万9,000円(税別)~3万8,000円(税別)~1万9,800円(税別)~1万7,000円(税別)~3万8,000円(税別)~
納期最短4週間ほど通常1カ月前後4週間前後30~40日最速2週間
来店予約Web、電話、LINE@Web、電話Web、電話Web、電話アプリ
SNSInstagram、Twitter、LINE@Instagram、Twitter、FacebookInstagram、Twitter、Facebook、LINE@Instagram、FacebookInstagram、Facebook
詳細リンク
公式リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら

記事一覧

【詳細】 店舗名:TANGOYA 福岡ファッションビル店 住所:福岡県福岡市博多区博多駅前2丁目10-19 福岡ファッションビル TEL:092-409-0140 TANGOYAは、九州を中 ・・・[続きを読む]
【詳細】 店舗名:麻布テーラー SQUARE福岡店 住所:福岡県福岡市中央区大名1-1-38 サウスサイドテラス1F TEL:092-721-1148 麻布テーラーのオーダースーツでは、「C ・・・[続きを読む]
オーダースーツの中でも洗えるタイプがあると聞いたとき驚く方も多いのではないでしょうか。既製品では見慣れた商品になってきましたが、実はオーダースーツでも可能な仕様なのです。ただ、扱う際には気を ・・・[続きを読む]
オーダースーツというと、こだわりがあってかっこいいイメージがある反面、格式が高くて手が出しづらいものでもあります。既製品と比べてどんな魅力があるのか、既製品でも十分なのか、どのような見方をす ・・・[続きを読む]
スーツのボタンを意識して見ているという方、どれくらいいるでしょうか。大体のボタンが、生地になじむように選ばれているというのもあって、あまり視界には入ってこないものです。しかしスーツのボタンに ・・・[続きを読む]
初めてオーダースーツを注文する際「どんな流れで注文するのか」「スーツの事前知識は必要なのか」「どれくらいの期間がかかるのか」このようにオーダースーツと聞くとハードルが高く感じて無駄に気構えて ・・・[続きを読む]
社会人になってスーツを毎日着るようになったものの、コートは何を着たらよいのかわからないという人も多いでしょう。コートは種類が豊富で、素材や色の選び方によって印象が大きく変わるものです。この記 ・・・[続きを読む]
スーツは、フォーマルな場で着用することを前提に製作されたものです。シワがないスーツと着古した印象のあるスーツでは見る人の印象が異なることは明らかですが、着ているスーツの色によっても相手が抱く ・・・[続きを読む]
オーダースーツを購入するきっかけは、仕事へのモチベーションアップや進学・就職祝いなど、人によってさまざまです。それでは、スーツを購入するためにはどの店舗を選べばよいのでしょうか。専門店によっ ・・・[続きを読む]
スーツに特徴的なスタイルをもつ国があることをご存知ですか?イギリス、イタリア、アメリカが代表的だとされています。それぞれの国の文化に合わせてスーツスタイルには違いがあるため、どのように異なる ・・・[続きを読む]
オーダースーツは体型や好みなど、既製のスーツでは完全には叶えられないフィット感を実現できるものです。自分に合ったスーツを着用したいとは思うものの、高価なイメージから実際にはなかなか手を出せず ・・・[続きを読む]
自分の体型や好みに合うように作ったオーダースーツは、できるだけ長くキレイな状態を保って長く着用したいものですよね。そのためには、スーツのメンテナンスが必須だといえるでしょう。しかし、実はスー ・・・[続きを読む]
オーダースーツを作った後は、それに合わせる革靴にもこだわりましょう。オシャレは足元からといわれている通り、靴はコーディネートを決める際にも重要なアイテムです。同じスーツを着ていても、靴を変え ・・・[続きを読む]
【詳細】 店舗名:ONLY 博多マルイ店 住所:福岡県福岡市博多区博多駅中央街9-1 博多マルイ5階 TEL:092-577-1745 ONLYはシンプルでリーズナブルなスーツから、細かいデ ・・・[続きを読む]
【詳細】 店舗名:KASHIYAMA 天神店 住所:福岡県福岡市中央区今泉2丁目5-21 オンワード福岡ビル 1F/2F TEL:092-712-2290 KASHIYAMAは老舗のスーツメ ・・・[続きを読む]
【詳細】 店舗名:FABRIC TOKYO 福岡天神ソラリアプラザ 住所:福岡県 福岡市中央区 天神2丁目2-43 ソラリアプラザ 1F TEL:070-1324-6408 FABRICTO ・・・[続きを読む]
ネクタイはあなたの印象を左右する大切なアイテムです。常に5本から10本持っていたいところですね。さらに冠婚葬祭用にあと2~3本欲しいところです。こうしたネクタイをシワにならないように保管した ・・・[続きを読む]
オーダースーツを初めて注文する際「体型に合わせてちゃんとオーダーできるかな」「どこまで細かくオーダーできるのかな」「結局どのオーダー方法がよいの」と悩んでいる方は多いのではないでしょうか。初 ・・・[続きを読む]
スーツにはビジネス用のものと、いわゆる礼服と呼ばれる結婚式や葬儀用のスーツの二種類があります。冠婚葬祭用の礼服は、年を取るにしたがって着る機会が多くなってきますね。礼服はビジネスシーンでは着 ・・・[続きを読む]
ネクタイはスーツ姿の男性の第一印象を決めるものです。スーツの襟元の見た目の印象は重要ですね。様々なスタイルの組み合わせから選べる女性と違って、男性の場合はネクタイの色と柄の選び方一つで印象が ・・・[続きを読む]
オーダースーツの購入を検討している際「安い既製品と比べてメリットはあるのかな」「着心地やサイズ感はどうかな」「長持ちするのかな」と既製品と迷っている方は多いと思います。既製品はリーズナブルな ・・・[続きを読む]