福岡でおすすめのオーダースーツ専門店16選!口コミで評判の専門店を厳選比較しました。人気のスタイルや生地もご紹介します!

スラックスの最適な長さとは?自分にあった長さや裾の種類を理解しよう!

公開日:2022/07/15


みなさんはスラックスの長さを普段から意識していますか?実は見た目の印象はスラックスの長さによって大きく変わるものですが、あまりこだわりがない人が多いのではないでしょうか。今回は最適なスラックス選びのポイントを詳しく解説します。これを読めば、自分にあったスーツがひと目で見分けられるようになるはずです。

スラックスの裾の種類

まずは長さを決める重要なポイントである裾について知っていきましょう。裾の種類は、仕上げ方によって2種類に分かれます。スラックスの裾を折り返さない仕上げ方をシングル、折り返す仕上げ方をダブルと呼んでいます。それぞれどういったシーンに適しているか、特徴などを説明しましょう。

シングル

シングルはすっきりとしたシルエットになるため、スタイリッシュで軽やかなイメージを与えます。一般的なビジネススーツはシングル仕上げになっていることが多く、スーツの裾といわれると、シングルをイメージする人が多いでしょう。とくに日本では、スーツ=正装という考えも強いため、かっちりとした印象になりやすいシングルが選ばれていると思われます。

ダブル

ダブルはシングルに比べればカジュアルな雰囲気があります。フロントボタンが2列のダブルスーツや、ベストを合わせたスリーピーススーツとの相性がよく、クラシックでおしゃれな印象を与えるでしょう。近年、日本でもカジュアルに着こなすスーツの需要が高まり、ダブル仕上げは人気になっています。また、欧米などではシングルよりもダブルの裾のスーツを着ているビジネスマンが多いようです。

スラックスの裾の長さは3種類

裾の種類が分かったところで、次は長さについて見ていきましょう。裾の長さも相手への印象を決める大切な要素ですよね。短すぎると軽い印象を与えるうえ、長すぎるとだらしない印象を与えかねません。

ワンクッション

スーツの裾が靴の甲にあたり、生地にたるみ(クッション)ができる長さのことを指します。足首がしっかりと隠れるので靴下が見えずに、ビジネスシーンからフォーマルなシーンまで幅広く対応できるタイプです。

ノークッション

一方、ノークッションは裾が靴の甲よりも上に来るため、クッションができません。角度によっては靴下が見えるため、カジュアルなシーンでの使用が好まれます。また、足元にたるみができないため、全体的にはスラッとしたさわやかな印象になります。

ハーフクッション

ハーフクッションは名前の通り、ワンクッションとノークッションの中間です。長さの目安は裾が靴の甲に若干あたる位置ぐらいです。ビジネス、カジュアルどちらのシーンでも対応できます。

自分に合った長さを探そう

裾合わせのポイントが分かったところで、次は自分に合った長さを調べましょう。

正しい裾丈の測り方

自分に合った長さを決めるには、正しい測り方を知らなければなりませんよね。これが間違っていると、せっかく測ったのにサイズが合わないスラックスになってしまいます。

まずスラックスの穿き方ですが、ウエストが腰骨の位置に来るようにしてはきましょう。この際、できればベルトを着用してください。普段使用する際にはベルトを着用するため、実際の使用時にできるだけ近づけておきましょう。

さらに靴も履いておくほうが無難です。このときの靴も、実際に組み合わせて履くだろう靴を選んでおけば、正しく計測できるうえ、イメージも湧きやすくなるでしょう。長さを測るときに注意すべき点は以上です。あとは、裾の仕上げをシングルにするのか、ダブルにするのか。クッションをどれにするのかは使用するシチュエーションと好みによって選択しましょう。

裾選びに迷ったらお店に相談しよう

ここまでの内容が理解できていても「このシチュエーションではどの裾選びが正解か」など悩みが出てきてしまうかもしれません。そんなときはスーツ専門店へ相談に行ってみましょう。使用するシチュエーションに合わせた裾のタイプや、体型に合わせたスーツ選びをしっかりとサポートしてくれるはずです。

オーダースーツで自分だけの一着を作ろう

もし、あなたが選ぼうとしているスーツが大切な場面のためのものであれば、個別にオーダーすることをおすすめします。冒頭でお話ししたように、スラックスの長さは見た目の印象を大きく変える部分で、シーンごとにふさわしい長さというのをプロは知り尽くしています。また生地やブランドにこだわって高価なスーツを着ていたとしても、長さが不自然であればせっかくのスーツも台無しになりかねません。

大切なスーツを選ぶのであれば、自分一人で選ばずにプロの力を借りて完璧な一着を用意するべきでしょう。オーダースーツは人生でそう何着も持つものではないかもしれません。しかし、ここぞというときに自信を持って着られる一着があるかないかで、重要な場面に向かう気持ちに大きな差が出るはずです。ぜひ、自分だけの一着を作って自信も手に入れましょう。

 

今回は自分に合ったスラックス選びをテーマに、裾のタイプやそれぞれの特徴について解説しました。これまで意識してこなかった人にとっては、種類がたくさんあることに驚いたのではないでしょうか。そして、今まで場違いな選択をしてきたことに反省しているかもしれません。しかし、今日からはもうスラックス選びを間違えることはないでしょう。きっと周りの人からも素敵に着こなしている人と感じてもらえるはずです。

福岡のおすすめオーダースーツ専門店5選

商品画像
商品名オーダーボックスグローバルスタイルオーダースーツSADADANKAN
(ダンカン)
difference
(ディファレンス)
特徴70年の老舗ZAZAが手掛ける本当に格好いいスーツ!約5,000種類!豊富な生地から選ぶオーダースーツ全国55店舗!安心のアフター無料サービスが充実イタリア・イギリスから直接買い付けた高品質な生地を使用したオーダースーツ!「パーソナライズ」をコンセプトにした新しいオーダースーツブランド!
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧